ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

優秀で豊富な人財

幕末、「薩長土肥」に列された肥前藩(佐賀県)。雄藩の一つとして数えられたのは、日本の近代化を技術力で支えた高いモノづくりの技と、幕末から明治にかけて、学問・医学・政治・外交などの幅広い分野において活躍した人財力にあります。
また、佐賀鍋島藩士・山本常朝が口述した「葉隠」は、今もなお多くの経営者に支持されています。

このモノづくり、人づくりの伝統と葉隠の精神は、佐賀県民のDNAに受け継がれ、多くの優秀な人財を輩出しています。

学問・医学・政治・外交など様々な分野で顕著な功績を残した佐賀の七賢人

佐賀の七賢人

画像提供:鍋島直正(公益財団法人鍋島報效会蔵)、大隈重信ほか5名(佐賀県立佐賀城本丸歴史館蔵)

進出企業の評価

佐賀県民は

人財が確保しやすい雇用環境

佐賀県の有効求人倍率は、全国平均と比較しても低い水準で推移しています。
また、佐賀県は地元市町、ハローワークと協力し、進出企業の要望に応じ、求人情報等の周知や会社説明会の開催支援等の人財確保のサポートを行っています。

こうした取り組みは、「本質的な支援」、「優秀な人財が確保できる」と、進出企業から高い評価をいただいています。

有効求人倍率の推移(パート含む季節調整値)

有効求人倍率の推移(パート含む季節調整値)

出典:厚生労働省 都道府県・地域別有効求人倍率(2016年)

佐賀県独自の人財確保策

佐賀県内の高校から大学・短大へ進学した者の約8割が県外に進学し、その約半数が福岡県内の学校に進学しています。また、県内の高校を卒業し、就職した者の約4割が県外に就職しており、佐賀県内で就職したいという思いを持ちながら、県外に就職している佐賀県出身者が多数います。

県では、一度佐賀県を離れた人財が、再び佐賀を選択し、故郷・佐賀に戻りやすくするための取り組みを進めています。

Re:サガミーティング

Re:サガミーティング

東京・大阪・福岡において30代までの佐賀県出身者等との交流会を開催し、ネットワークを構築。

SNS等を使い佐賀の旬の情報や就職、Uターン施策等の情報発信を行っています。

教育機関とのネットワーク構築

教育機関とのネットワーク構築

全国の佐賀県出身者が進学している大学、短大、専修学校等約80校と連携。

専任の担当者が定期的に訪問し、最新の就職情報等を配信しています。

保護者等に向けた広報対策

保護者等に向けた広報対策

学生の進路決定に一定の影響力を持つ保護者等に対し、地元紙を使いUJIターンに関する連載企画を毎月掲載。

また、保護者向けの就職セミナーも開催しています。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。