ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

少ない自然災害

BCP対策に最適なロケーション

2011年3月の東日本大震災以降、BCP(事業継続計画)に注目が集まっています。
佐賀県は、自然災害が少なく、今後高い確率で発生すると言われている南海トラフ地震においても、政府の想定では佐賀県の津波被害は九州で唯一ゼロとされるなどBCP対策として最適なロケーションです。

地震発生回数が少ない

佐賀県と主要都市の地震発生回数

H22
(2010)
H23
(2011)
H24
(2012)
H25
(2013)
H26
(2014)
H27
(2015)
H28
(2016)
(参考)合計
[1923-2016]
東京 125 711 206 225 152 157 132 28,453
静岡 45 375 122 90 83 84

89

8,079
愛知 21 82 36 24 29 22 25 1,569
大阪 21 46 19 25 21 30 21 1,127
広島 25 55 27 25 28 28 66 1,772
福岡 6 30 18 17 19 17 399 1,457
佐賀 1 12 7 6 7 12 185 644

単位:回
資料:気象庁震度データベースにおける震度1以上の有感地震発生回数

2016年震度別地震発生回数(佐賀県)

2016年震度別地震発生回数(佐賀県)

  • 発生回数の9割は震度1及び2
  • 強い揺れと言われる震度5強はわずか1回
  • 県内の企業活動への影響はほとんどなし
  • 九州佐賀国際空港はヘリコプター支援拠点(警察、消防、災害派遣医療チーム等)として、また、鳥栖市の民間物流企業の倉庫は物資集積拠点として活用

南海トラフ地震被害想定ゼロ

南海トラフ地震想定津波高

南海トラフ地震想定津波高

単位:m
資料:「南海トラフ巨大地震モデル検討会(第二次報告)」(内閣府 南海トラフの巨大地震モデル検討会)

自然災害にも強い

佐賀県は台風の主要経路に位置しておらず、水害の被害も少ない県です。年平均気温は16℃前後の地域が多く、県内全般的に温和な気候となっています。

その他、九州は活火山が多いイメージがありますが、佐賀県には活火山がひとつもありません。

都道府県別水害被害額(2011〜2015年)

都道府県別水害被害額(2011~2015年) 全国で最も少ない水害被害額

単位:百万円
資料:国土交通省発表水害被害額資料

BCP対応事例

~佐賀への進出がBCPに効果を発揮~

東日本大震災の際、運用していた首都圏にある公共交通機関サイトにアクセスが集中し、サーバがダウンしそうに...
でも、すぐに佐賀オフィスで緊急対応を行うことにより、この危機を回避することが出来ました。これ以降、様々な公共機関から佐賀オフィスに問い合わせいただく機会も増えました。
地方と首都圏をうまく使い分けることは、リスク分散という面からも、また、新たなビジネス展開につながる糸口にもつながると考えています。

bcp_person

地震、津波、火山、洪水、大雪といった自然災害のリスクが
極めて少ない佐賀県は、BCP対策に最適な環境です。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。