ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

優れた交通アクセス

九州北西部に位置する佐賀県は、九州の高速道路、鉄道がクロスする中枢に位置しており、抜群の利便性を誇ります。また、空港・港湾機能も充実し、アジアを見据えたビジネス展開も可能です。

高速道路

九州を南北に貫く九州自動車道と、東西に走る長崎・大分自動車道のクロスポイント「鳥栖ジャンクション」を有し、福岡県、長崎県、熊本県は1時間圏内九州全域そして中国地方までは3時間圏内で移動できます。
現在、佐賀県北西部と福岡市を結ぶ西九州自動車道も整備が進んでおり、今後、さらなる利便性の向上が期待できます。

佐賀県内から九州各都市までの所要時間

佐賀市唐津市鳥栖市伊万里市
福岡市 70分 67分 44分 86分
北九州市 101分 114分 78分 132分
長崎市 88分 103分 96分 85分
熊本市 99分 145分 75分 143分
大分市 141分 160分 117分 163分
鹿児島市 210分 244分 184分 243分

(2017年7月現在/高速道路利用)

鉄道

佐賀駅から博多駅まで特急で34分。また、2011年3月の九州新幹線鹿児島ルートの開業により、本州及び九州内の主要都市への移動時間が大幅に短縮されました。さらに、今後は西九州ルートの開業により西九州地域への移動もさらにスムーズになります。
九州の鉄道輸送の拠点・鳥栖貨物ターミナル駅は、鳥栖ジャンクションに近く、大型コンテナの取扱も可能なため、多様な物流ニーズにも対応できます。

鉄道時間

※新幹線所要時間は、山陽・九州直通新幹線「さくら」利用の場合。

新鳥栖駅

新鳥栖駅

山陽・九州直通新幹線「さくら」が全便停車し、九州内外の各地へスムーズにアクセス、新鳥栖駅からレンタカーへ乗り換えて移動する場合も、鳥栖ジャンクションまで10分でアクセスできるので、九州各地への移動に便利です。
また、24時間300円の格安パーク&ライド駐車場(約600台)は便利だと人気を集めています。

空港

有明海沿岸に位置した九州佐賀国際空港は、佐賀市内から車で約22分の位置にあり、福岡県南西部からのアクセスにも優れています。
羽田便(ANA)は1日5往復、成田便(春秋航空日本)も1日2往復運航されている他、上海便(春秋航空/週3往復)、ソウル便(ティーウェイ航空/毎日往復)、夜間貨物便(羽田空港/週5往復)も運航。
また、県内各地からは九州佐賀国際空港に加え、福岡空港、長崎空港へも短時間でアクセスでき、ビジネスシーンに合わせ3空港を使い分けることができます。

空港位置図 福岡空港 九州佐賀国際空港 長崎空港 九州佐賀国際空港 福岡空港 長崎空港

(2017年3月現在/片道を1便換算)

県内各地から空港までの所要時間

九州佐賀国際空港福岡空港長崎空港
佐賀市 27分(14km) 59分(59km) 73分(79km)
唐津市 82分(58km) 65分(55km) 87分(86km)
鳥栖市 57分(38km) 34分(29km) 79分(99km)
多久市 46分(31km) 56分(69km) 51分(59km)
伊万里市 77分(52km) 85分(80km) 68分(56km)
武雄市 57分(36km) 71分(83km) 49分(42km)
鹿島市 51分(36km) 87分(94km) 50分(34km)

(2017年7月現在/高速道路を利用した場合)
※なお、高速道路が利用できない地域は、一般道を利用した場合の所要時間です。

港湾

伊万里港、唐津港はアジアの主要都市に近く、海の玄関口として国際海上輸送ネットワークの重要港湾に位置付けられています。
また、博多港へも短時間でアクセス可能なため、アジアに開かれた3つの港湾を使い分けすることができます。

伊万里港・唐津港位置図 伊万里港 唐津港

伊万里港国際コンテナターミナル
(2011年「日本海側拠点港(国際海上コンテナ)」選定)

伊万里港国際コンテナターミナル

伊万里港国際コンテナターミナルでは、韓国・釜山港、中国・大連港、青島港、上海港などからの定期航路が運航しており、24時間対応、土曜・日曜荷役など質の高いポートサービスを提供しています。また、2015年10月から伊万里港と神戸港を結ぶ国際フィーダー航路が開設され、伊万里港から新たに神戸港を経由した世界中への輸送が可能となりました。2016年10月、2017年7月には釜山航路が増便され、(週2便→週4便)、利便性が更に向上しました。

伊万里港の特徴

  • 安価な物流コスト、輸出コンテナ助成金
  • 東アジアに近く、九州主要都市へスピーディにアクセス
  • 国際コンテナ定期航路 5航路週7便(韓国・華南、大連・青島、上海・寧波、釜山(週4便)、神戸<国際フィーダー航路>)

唐津港国際ふ頭
(2011年「拠点化形成促進港」選定)

唐津港国際ふ頭

妙見ふ頭

最大3万トン級の大型貨物船も接岸可能なバースと広大なヤードを兼ね備え、移動式ハーバークレーン(定格荷重51.6t)が常駐していて、大型貨物の荷役が可能です。

東港ふ頭

2016年4月から耐震強化岸壁の暫定供用を開始しました。

唐津港の特徴

  • 大型船も接岸可能なバース・広大なヤード
  • 大型荷役の取扱可能
  • 移動式上屋、燻蒸倉庫、低温倉庫配備

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。